<   2012年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧











                         おチビさん達には成長の為に大事な
                         4つのスイッチがあるそうです。

                         ①競争をしたがる。
                         ②マネをしたがる。
                         ③一寸難しい事をしたがる。
                         ④認めたがる。

                         大人になると、この4つのスイッチいずれも
                         なかなかONできにくくなる!?(しなくなる!?)












◆肯定感と達成感


先般の刑務所慰問の直後、お声掛け頂いた武井先生から
『今度、内の幼稚園で演奏(LIVE)をお願い出来ないかなぁ!?』と...

(え?幼稚園で???)
(こんなオバサンが???)

殆ど妖怪人間(ベラ)みたくな、
夜型・大型・破滅型の姥が幼稚園で…(焦)

かなり恐縮したけど、これも何かのご縁だし、
それに、お仕事断れるような身分(実力)じゃないやろ)))

いや、ホンとは謹んでお断りするべきなんか???とも...
マヂで割合色々考えたけど、でも、何事もチャレンジでして、

恐縮ながらも、謹んでお引き受けした。
その後日、会場下見に【勝山幼稚園】にお邪魔しのだが…

園内に入った途端、なんかもう、物凄いキッズイオンを浴びてるようで、
こぉ、キラキラしたおチビさん達の瞳が、宝箱みたいにも見えるような...

心の背筋が嫌でも伸びる感覚を覚えながら、
『アンタ、ホントに大丈夫なん?誤魔化し、効かんのぜ!!!』と、

歌現場にある同じ緊張でも、今迄感じた事のない緊張感に、
下見の段階で襲われた...(唄とてカマンのやろかぁ???ミタイナ)

**********************

勝山幼稚園では、年間に置く幾つかの目標があり、
その目標に向き合い乍、毎日コツコツとその授業をクリアーしていく子供達☆
a0116784_1724330.jpg

例えば、1年間で最低200冊の本読み(読破)とか…
と云うか、年中さんの教室にお邪魔したら、

もう既に1500冊をクリアーしてるお子さんも居て、
しかも、読んでる絵本は(子供にすると)なかなかの長文物語で…

『1年365日、1日1冊でも、365冊読めるのだから☆』と、
ニコニコしながら仰る武井園長...

【数ではなく、要は継続ですよ、松本さん!?】と、
直接言われた訳ではないが、

自身、痛いところを突かれてるように勝手に感じる姥1名...
継続することで得られる達成感⇒これは大きな自信に繫がり、

その自信は更にの前進を生み、
自分が自分を認められるだけの人間力を育てる…

武井園長先生の穏やか乍も熱いお話しが、
どれもこれも耳に・心に・人生の足元に突き刺さるようで…

(ホントに唄とてカマンのやろかぁ???)))))

園長のお話の中に、「周りを受け入れる」&「自分が自分を認める」と、
そんな訓があったのだが…この受入れるという心の行為(自覚・認識)、

大人になると、簡単なようでなかなか難しい心神の基本が、
どんどん濁り・歪み・劣化していくようで...何とも耳が激痛やった)))

**********************

それから、教室にある子供達の椅子を見て更に脱帽。
何が脱帽て、キッズ達の椅子には、背もたれがないんです(・・lll

すると、どんどん背筋(背骨)が真っ直ぐ伸びます...
背筋が伸びると、身体中のどんなパーツにも非常に具合いい訳です。
a0116784_17243972.jpg

**********************
そして、入園したお子さん達と園長先生とのお約束がこの3つ☆☆☆
早寝早起き・挨拶・靴そろえ☆最後の“心を整える”…なるほどなぁ(↑)と今更に感嘆。
a0116784_432101.jpg

ついでに言うと、こんなん書いてる只今の時刻(朝の4時過ぎ)は…実に寿命に悪い時間です)))
(早起きしたんです)))・・・嘘です・・・こんな不健全なオバサンなのに)))

(ホントに唄とてもカマンのやろか???)))))

と、誠に恐れ多く縮み上がる思いではありますが、
折角の機会を与えて頂けたんやから、

キッズの皆さんの前で、修行、積ませて頂こうかと思います♪
修行には難行が待ってるものでして、、、

修行その①…今回、生れて初めてアニメソング【♪さんぽ(トトロ)】を唄わせて頂きます…
何が難しいてて、実演で1番難しいのがこの曲です)))

日々にある(本来、有ってはイカンのだが)大人の…いや、自分の!
何とも薄汚い心の垢を、鉄のブラシでシッカリ剥がしたい気分です)))

一応、お仕事として、営業現場と云う事になるんやけど…
正味のとこ、「お月謝払ってでも、こちらが修行を積ませて頂きたい!』ミタイナ...

様々にエリート的な授業を行なっておられる中でも、
園長先生が何より1番目指し・育てておられるのは【心】

☆生きる力を身につける為にはどうしたらいいか???
☆ヨミカキソロバン、そして元気な身体に宿る感性・思考・意識etc...

要するには【心】=【器】が大事なんやろなぁ。。。
冗談でなく、マヂ、自分が入園したいがな)))
[PR]












                                 似合わずも
                                 みとれて抱く
                                 残り香に
                                 癒され賜う
                                 情けの色香













◆ROSE


一寸前に頂いた部屋の香水…
いつもなにかと、大変大変お世話になってるN.Oさんから頂いた。

N.Oさんは香り通でらっしゃり、その筋かなりお詳しい☆彡
「さゆりさんにはこれだと思ってね…」とチョイスして下った部屋香水

上等な箱を開けながら、歳も忘れてキャーキャー喜ぶ歌姥1名…
「こんな綺麗なの…似合いませんよねぇ)))けど、嬉しい☆彡」

お忙しい毎日の中で、時に思い出して下さり、時にイメージして下さり、
「どうかなと思ってね!?」と、心を向けて下さる…☆彡

頂いたお品も勿論ですが、その品に込められた心(おもい)を思うと、
身体の芯にまで香りが沁みるようで…

文字通り、心香る贈り物☆彡
勿体無いので、チビチビ使わせて頂いてます。。。

そろそろお会いしたいなぁ…♪
(香液、まだまだあります)

a0116784_168386.jpg

[PR]










                      子供の頃、
                      Q『自分を花に例えたら?』と、友達に聞かれ、
                      A『アザミ』と答えた記憶がある…

                      何故アザミと答えたのか、その理由はハッキリ覚えてないのだが…
                      地味な割にトゲトゲしいその葉の棘に共感でもしたのか!? 
                      アザミにすれば失礼な話だが…













◆棘


名前と生年月日からくる運勢鑑定によると、
吾輩の場合、初対面で与える印象は【とっつき悪い】らしい…

確かに(仕事の時以外)プライベートは特にそうかもしれん!?と、
子供の頃から刻み込まれてる眉間の縦ジワに【持った性根】を感じたりもする

オカンは、結婚してから眉間に縦ジワが入った…
オヤジは、生まれた時からシカメッ面してた…に違いない!?

兄貴の眉間にもしょっちゅう見えてた縦ジワ
吾輩の縦ジワは、幼稚園の頃(写真)から既にあった

【性は相に出る】とか言うが、誠にその通りかと…
人を見掛だけで判断するのは宜しくないが、

其々の人生(歴史)が作る相(顔)というのはやっぱり正直なもんだと
苦笑いしつつも、せめて、心のシワは伸ばしたいと思ったりする…

a0116784_10411630.jpg

                 ■アザミ 花言葉
                  権威・厳格・人間嫌い・独立・満足・報復・復讐・安心

                 ■アザミ解説
                  アザミはキク科の多年草。
                  原産地は日本。本州、四国、九州の山野に自生。
                  季節は6~8月。花の色は、紅、紅紫、淡紅。



因みに…自分の誕生日(★★月★★日)の誕生花の中にこんなのがあった(某:サイト)

                 【アゲラタム(学名 Ageratum)】
a0116784_1141743.jpg


                 ■アゲラタムの花言葉

                  信頼


                 ■特徴: アゲラタムは、キク科の植物

                 ■別名: 郭公薊(カッコウアザミ)

                  花色は青紫、赤紫、ピンク、白などがあり春から秋にかけて
                  アザミに似たような小さな花を株一面に付けて咲きます。


(やっぱりアザミか。。。)
[PR]










                      http://shop1-sanriku-shigoto-project.com/
                     仕事がある。笑顔になれる。
                      
















◆転載記事/三陸に仕事を!プロジェクト 
  浜のミサンガ



あの日から1年。
瓦礫は片付けられたように思えますが、浜の姿は変わっていません。
いや、何一つ風景の変わらない浜もあります。

つくり手さんが言いました。
「一年たちました。いろんな思い出ときれいさっぱり別れてきました」と。
その気持ちは未来へ一歩踏み出す勇気と共に、
多くの不安が同時進行で進んでいます。

被災地では、仮設住宅での生活がつづいていますが、
あと1年程度でその仮の住まいから出なくてはなりません。
失業保険もこの3月で終わる現実もあります。
どうしたらいいのでしょうか。

仕事こそが、いま被災地に必要不可欠です。
明日の生き甲斐、張り合い、家族との生活…。
その営みを支えるのは仕事しかありません。

クルマも十分にありません、だから遠出はできません。
子供がいれば尚のこと、外出もままなりません。
だからこそ、家でできる内職な手仕事が、いちばん嬉しいのです。

ミサンガ作りの女性たちは、今日もその手を休めません。
家族のため、子供たちのため、孫たちのために…。
さきはまだまだ見えませんが、
仲間たちの笑い声や手にする工賃が彼女たちを奮い立たせます。

浜のミサンガ「環」は浜の女たちの誇り、生きがいです。
すでに岩手・宮城の300人近い女性たちは、
日本中の皆さんのおかげで 1億円近い手仕事の賃金を手にしました。
心から感謝いたします。
ありがとうございます。
「ミサンガづくりの現場から」というブログもはじまりました。
各チームの日々を、お伝えしていきます。引き続き、ご支援ください。

ミサンガの販売代金 1,100円(1セット・税込)のうち、
材料費や販売経費、諸経費を除いた、576円が作り手の方々に。
また、材料である網を切ったりする二次加工を担い、
作り手さんをサポートする現地の被災企業・被災者の方々にも
1セットにつき150円近く(為替や材料費の変動で変化)が支払われ、
合計700円以上が被災地に届いています。※

※ これは被災地に仕事を創出して収入を生み出す「Cash for work」という手法で、
被災し、仕事を失った方々の「仕事創出」「自立支援」「やりがい」などを
支援&サポートしていく仕組みです。多くの途上国の災害復興の場面で採用されてきた実績があり、
たとえば2004年のインド洋大津波災害の被害を受けたインドネシア、
2008年にミャンマーを襲ったサイクロン災害、2010年のハイチ大地震など、
こうした災害では多くのNGOや国連機関によりCFWが実施され、その効果を挙げてきました。
CFW-Japanは「環」を応援します。

****************
浜のミサンガ「環」づくりは、浜の女性達による画期的なしごとです。
彼女達が生み出しているものは、ミサンガそのものだけではありません。
彼女らの復興への決意と、わたしたちの支援したいという思いを「環」につなぐという
コミュニケーションこそ、彼女らのしごとの本質です。
「しごとをつくる あしたをつくる」キャッシュ・フォー・ワーク・ジャパン
                        
                       代表 永松伸吾 ( 関西大学社会安全学部 准教授 )
                                                ****************

◆浜のミサンガ
a0116784_3211392.jpg

◆http://shop1-sanriku-shigoto-project.com/   
◆メールはこちら⇒ shop1@sanriku-shigoto-project.com
◆TEL/019-656-3133


Copyright © 三陸に仕事を!プロジェクトwebショップ All Rights Reserved.
岩手県盛岡市本宮5丁目2-15 | 019-656-3133
[PR]











                     刑務所慰問、参加を始めたのは20代後半から…
                     今回で何度目か!?回数は忘れてしまったけれど、

                     何度行っても、何百と並ぶ客席から感じる如実な反応に
                     改めて「唄う」と言う事の意味と姿勢に意欲を頂く…

                    














◆50分ステージ


アンコール曲で手拍子を頂いた…

Vo:「折角ですから、思い切り(手を)叩いて下さい!」

(笑ったり・大きく動いたりするのはホントはいけない規則なのだが)

総勢で勢いのいいお手拍子…

笑顔もたくさん見せて貰えた…



そんな中、たった1人、アンコールの間、

最後まで太ももから手を離さない人が居た…

その人を見ながら(唄い乍)Okサインを右手で送ったVo…

何がOKなんか???

“松本よ、お前も全然まだまだよのぉ…”

”わかってますよ…わかってます…”

そんな会話もが見えるようなOkサイン!?



今を迎えるに至った人々の、

人生にあった心の歪みやエッジ…

良くも悪くも、まだまだ人生分かっちゃおらん吾も他人事でなく、

歳を重ねるという事の責任を強く感じたりする…

****************************************

a0116784_1762063.jpg


今回お声掛け下さいました武井先生、貴重な機会を誠にありがとうございました!

快く参加を引き受けて下さったメンバー総勢様も、ホントにありがとうございました!




晩年に
向かう自身の
行く先は
亀の歩みの
恩返し
[PR]









 

                         親孝行は早いに越したことはない…
                         今頃になってつくづく思う。
                         親は、子が幸せでいてくれる事を願い、
                         また子も同じ思いだと思うが、
                         親孝行は、親が元気な内から
                         意識して、言葉で、行動で、想いで、
                         できるだけ沢山、して差し上げて下さい。
                         親が老いて病み、意識もマトモでなくなってからでは
                         なんも伝わらんのです。

                         親孝行…早いに越したことはないです。                










                   

◆4/11現在



ここんとこ、極めて表情が無いオカン…
たまに、微かな声を出すが、全く聞き取れん…

思うに、オカンの精神は、もう限界なんだろうと思う!?
週に1度の入浴以外、ベットから降りることもなく、

毎日毎日、ずっと同じ天井・壁・窓を見続けてる…
もう何年も病室の人を生き、認知が進み、幻覚・幻聴に怯え、

全く笑わなくなったオカンの表情に見えるのは、
ただただ悲愴感ばかり…

正気に戻る時間が、いったいどれくらいあるのか?
それすら見極められんくらい、表情が無いに等しい…

外の空気、吸いたいやろなぁ…
車椅子でもええから、病室以外の景色見たいやろなぁ…

家に帰りたいやろなぁ…
兄貴のお墓参りもしたいやろに・・・

自分のこれまで、オカンに何をしてやれたのか?
なんも出来てない…なんも!

病んで、訳解らんなってから、今更看病した言うたとて、
オカンの病がよくなるでなし、なんの足しにもならん。。。

時々、考えてもしゃーない事を思う…
親不孝した分、我が親が苦しんでる毎日を見て苦しめ!と、

そう神様・仏様・キリスト様が言うとんやろか!?と…
親不孝した分、思い知れ!と、そう言われてるんなら、

もっと、もっと思い知るべきなんだろうと…
けど、それでオカンの病が治るのでもなく…

親孝行とはなんぞや???と、
ええ歳して、今更思う…。

オカンの為にしてやれる事…
もう、オカンには何も伝わらん…

伝わらんと言うことは、無いのと同じで、
オカンに関わる物事ひとつ、自己満足の時間だけじゃ…

オカンが感じ、オカンが喜ぶ事、
なんも出来てないのと同じじゃないか!

*****************

今、ご両親共お元気で、病気なんかなくて、
毎日、穏やかに暮らしておられるとしても、

でも、親子に置くべき時間は、意識して持たれて下さい!
お父さんとお母さんが、心から喜んで下さる時間、

どうか、出来る明日から、沢山持たれて下さい!
若い内は、得てして我が事ばかりが先立つもんですが、

親御さんが在って、自分が在れた事を、
どうか、毎日少しでも感じて下さい。

そんなことを、つくづく思うこの頃です…
ご両親が元気な内に…親孝行は早いに越したことないです!

a0116784_3131392.jpg


                    
[PR]











                            4/8 オカン満79歳
                            なんとか迎えられた春
                            祝うひと時に置く意識も
                            表情と共に日増しに薄らいでるけど
                            オカンの人生密度は
                            (誰が忘れても)絶対忘れん!

                            
                            

                                                  

                                                 











a0116784_16285449.jpg

a0116784_16285466.jpg


母さん、今日も頑張ってご飯食べてくれて、ありがとう。
[PR]













                         毎日を感じながら大事に生きねばと…

                     
                     
                     















a0116784_16305122.jpg

[PR]
 



 








                             2012.04.02 午前7時 
 
                                  永眠















 

                 何度もLIVE来てくれて、ありがとう!

                 詰まらんお調子に付合ってくれて、ありがとう!

                 会うといつも微笑んでくれて、ありがとう!

                 いっぱい写真撮ってくれて、ありがとう!

                 記念撮影一緒に写ってくれて、ありがとう!

                 ポコペンのあん時、目と目で語ってくれて、ありがとう!

                 出会ってくれて、ありがとう!

                 ご縁持たせてくれて、ありがとう!

                 強さと優しさ訓えてくれて、ありがとう!


                 まだまだ言い足りんのやけど・・・

                 そっちいった時、また聞いてやって下さい・・・

                 
                 実兄と同い年やったT.Sさん・・・

                 心のどこかで兄貴を見てる松本でした・・・


                 どうか、そっちで少しはゆっくりして下さいよ・・・

                 みんながいったら、また忙しなるけん・・・


                 とおちゃん!ホント、ありがとう。。。

                 ありがとうございました。。。

a0116784_012696.jpg






                 きょーみちゃん
                 とおちゃんのヒゲ触らしてくれて
                 ありがとう。。。
                 ありがとね。。。
                 
[PR]