<   2013年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧













                                  満開の
                                  サクラも霞む
                                  個性の花々


                                  (拙川柳)

















2013.03.30(土)

かねてから楽しみしていたKIKUJIOさん主催の凛Live
まぁ~~~ホントに!皆さん、マヂで、愉快・痛快な方勢揃いでして!
途中、あまりの面白さに、気合い入れて描いてた目張りが、もぉボロボロ)))

我々のような、ある種の隙間産業者は、
観て下さる方・聴いて下さる方・お声掛け下さる方…
そういう皆様が在って下さってこそ、初めて成立する訳で…

いつも同じ台詞で恐縮ですが、
とにもかくにも、Liveは、お客様が作って下さるモノ!
そんな有難い空間を、改めて感じ入る一夜でございました♫

それにしても、個性という個性の塊のような皆様方で…
演り手の我々も、見事な満開の桜も、なんともカスムカスム!
ご来場のお客様・全員!ここにお名前を載せたい位、ホント、濃かったなぁ☆


…以下、思い出のアルバム…


◆夜の部で学級委員長を務めて下さった〝Tさん″
 こちらの委員長さんが、まぁー笑かすてて!!!
a0116784_5184634.jpg


◆店内には、様々なアート作品が並んでおりまして…
 こちら(ご主人様は元:レーサーの)タケチご夫妻様作の陶器スタンド
a0116784_5192416.jpg


◆ドンデンの幕間、綺麗な控部屋で1枚…
 和ちゃん、今回も(かなり!)冴えてました♫
a0116784_5194017.jpg


◆終演後、オーナー様&幾名かのお客様と打上げ☆
 『KIKUJIROUさん!沢山のお気遣い、スミマセン!』m(__)m
a0116784_5202232.jpg


機材積み込みまでお客様がお手伝い下さいまして)))
あ、いや、あの、いやいや…と云うてる間に片付いてしまいました(~~lll
ホント、有難いよなぁー!なんなんでしょうか!?久万町の皆様の❤あの熱さ❤

本番中にも語らせて頂いたのですが…お目に掛れる皆様の『聴いてやろう・観てやろう』という、
そのお心向きを頂けてこそ我々が在れる訳で、皆さんのそのお心向きに
心から!感謝申し上げます!m(__)m

******************************************************
☆3/30が結婚記念日でらしたヒロさん&レイちゃん(あえて〝ちゃん″付け^^)

☆日本中の山々だけでなく、海外の嶮しい山々も制覇しておられる登山家の大先生&女史

☆凛Liveに寄せ、『凛』と綴られた筆字を囲む【額】を作って下さった〝学ちゃん″

☆3月・4月・5月生まれの笑顔もHOTな皆さんをはじめ、

☆この忙しない年度末の時期にご来場下さいました皆々様!

☆そして、いつも、マネジャー以上にお引回し下さいます大森さん、

ホントに、有難うございました!!!

******************************************************



しかし、よぉ~笑ろたなぁ~( ̄▼ ̄)









コメントは承認制になってございます040.gif
[PR]











                                クソ親父
                                差し出すせんべい
                                丁寧に
                                わざのティッシュが
                                ありがためいわく。。。
















a0116784_116895.jpg



せんべいに!

くっつくやろがぁい!!!

(いちいちティッシュ剥ぐのに時間掛かるてて!!!)













コメントは承認制になってございます040.gif
[PR]
 












                                人間味


















◆2013.03.16(土)

先週の土曜日、近年、ボランティアでお邪魔してる、
道後べテル病院(ホーム)でのボランティア総会に出向いた。

年に一度、いつもはお目に掛れないボランティア会員同士、
その懇親も兼ねた総会が開かれてるようで、今回初参加させて頂いた。
a0116784_44883.jpg

伺うと、実に様々な内容のボランティアがあり、
その種類の細やかさや、手仕事一つにおく、その完成度も感服だった。

中にこんなのがある、写真を撮るのを忘れたので、
幼稚園児みたいなお絵かきで失礼するが…こんな感じ!?)))
a0116784_444319.jpg

素材は牛乳パック、それを何重かに繋ぎ重ね長方形を作り布でカバーする(手縫い)
一見、何てこと無い四角い布箱みたいなのだが…

これは、患者さんの病室ドアが「バタン!」と大きな音がしないよう、これを挟むのだ。
それは各病室毎にそれぞれ用意されており、全てボランティアさんの手作りによる物。


直接、患者さんとお顔を合わせる機会はないまでも、
「患者さんの毎日が少しでも穏やかでありますように…」と、

そんな思いでひとつひとつ手作りで揃えられモノで、
いまや「べテルブランド」と言われる程^^全病棟に行き渡っておられるらしい。

総会では、各病棟(各部門)の担当職員さんからの報告や、
また、我々のような外部会員の皆さんの活動報告やら、

お話をお伺いしながら、
いちいち、自然に頷けるお話ばかりだった。

そして全体懇談の時間…自分が着席したテーブルーの前におられた
松山べテル病院の院長先生とお話させて頂いたのだが、(というか、話掛けられた…)

この院長先生が、これまたドエライ気さくな方で!医学の難しい事は別として…
人間味とでも言うのか、とにかく「温い先生やなー!!!」と、心の肌で感じた。

イニシャルN院長と記させて頂くが、
N院長は、病院敷地内か!?病棟内だったか!?

とにかく、ボランティアの皆さんと同じ様にエプロンを掛け
ちょくちょくお花やグリーンの水遣りをされるそうだ。

その時、患者さんとの何気ない会話も楽しむように弾み、そんな時、N院長曰く、
「僕は、すごく、すごく!元気を貰うんですよねぇ~(思い切り笑顔)」と。。。

その満面の笑顔を拝見し、つい、「エプロンで...なんか水戸黄門みたいな先生ですね!」と
軽口を叩いてしまったのだが…とにかく、屈託無いとも思える院長の笑顔が眩しかった。

*****************************************

ここから話は脱線するが…先般から当blogで記事にしてきた
「●川内科・神経内科」での(実母)の現実を改めて振り返るに、

同じ医学、同じ病気と向き合うとき、
それに関る人(医師・看護師等々)の資質…


それは、老後の暮らしを委ねる施設利用者さん方にとって、
また、病と闘いながらも、命を預ける患者さん方にとって、

もしかしなくても、どんな最先端の医学や機器やお薬より、
もっともっと大事なことなんじゃないか!?と、改めて、強く感じた。

N院長とお話させて頂きながら(言葉にすると難しいが)なんだか、
心のアドレナリンがジンワリ流れ出すかのような、そんな感覚…「人間味」

人間味の深いお医者様…
ホント、「様」であると思う。。。

*****************************************

毎回の訪問の際、担当職員さんが写真を撮って下さるのだが、
総会に寄せ、幾つかの記録を張り出しておられ、

「松本さん、これ、見て下さいね!」とお声掛けを頂きました。
有難く、掲載させて頂きますm(__)m

a0116784_49434.jpg


張り切って唄って下さる利用者さん☆
a0116784_4135846.jpg
                       
阿波踊り師範の会は、受けたなぁー☆
a0116784_4141933.jpg


お顔は出せませんが、左の法被は利用者さんです☆^^☆一緒に踊って下さって、ほんと嬉しかった!
a0116784_4143689.jpg



追伸
見吉さん・バラちゃん、ホント、ありがとうございましたm(__)m
またこれからも(我々で良ければ)どうぞお手伝いさせて下さい!









コメントは承認制になってございます040.gif
[PR]











                                  改めまして
                                  「凛」です♫

                                 Pf 笠崎和子
                                 vo 松本さゆり













◆CATVさん、お世話になりましたぁ!



昨日のホワイトデーは、CATVさんの(なんとかって番組の…)撮影でした♫
___番組名知らんのかぃ!( ̄▽ ̄lll____

先ずは(ご地元の皆さんは良くご存知の…)白水台のチャペルから…♫
お天気も良好で宜しゅうございましたぁ!
a0116784_1450145.jpg


そして、朝早くからお手間取って頂きつつの回して頂いたcamera3台☆彡
「お手数掛けまして!スミマセン!m(__)m」
a0116784_14541389.jpg


こちらは、音響他、諸々のサポート全般を執り仕切って下さいました新村先生☆彡
1円のお仕事にもならない無償のご尽力))) なんとも!ホント、申し訳ないです!m(__)m
a0116784_14564864.jpg


準備の間、チョイと確認:打合せしてる凛/2名♫「和ちゃん今日も可愛いねぇ~」とか云い乍、
相方:和ちゃんのいつもと変わらぬフワァ~ッとした空気の中で、機関銃のように喋る唄姥)))
a0116784_1502212.jpg


さて、そろそろ演りますかッ!?内心、『朝から声でるんかぁい(?▽?lll 』
割合、自分のノドに緊張してたりして・・・
a0116784_1521339.jpg


そんなこんなの本番2曲・・・♫音響泣かせの反響バリバリなチャペルなんですが、
ガナル本人は、ナチュナルリバーブに助けられたりする訳です(爆)
a0116784_1551260.jpg


スタンダード2曲収録完了!『はぃ!次、次、急ぎますぞな!」
アイマイミーのその姿、、、殆どオヤジです。。。
a0116784_1582021.jpg


続いてお邪魔したのが、アンジェリックタウン…でしたよね?(屋号)
随分、久し振りにお邪魔しました☆彡
a0116784_1511058.jpg


こちらでもテキパキな仕事人(CATV)のお3方☆彡
なにやら、cameraがスイスイ滑りながら近づいてきますぞな(・▽・lll UPは止めときませんかッ!!!
a0116784_15141696.jpg


その間に…和ちゃん、御髪などなど整えてぇ~^^
臨時専属ヘアメイクさん(!?)も、頑張ってくれましたッ!(お疲れッ!)
a0116784_1516829.jpg


そろそろイキマスカぁ~???と、落ち着いてる和ちゃんの横で、やっぱり機関銃のオバサン1名…
『大丈夫ですよ、さゆりさん!』と、和ちゃんは目で応えます♫( ̄▽ ̄ダハ。。。
a0116784_15193672.jpg


こちらでは、凛のオリジナル【羽】を録らせて頂きましたm(__)m
伴奏:ピアノonlyの、凛スタイルです♫
a0116784_15232094.jpg


収録を終え、お世話下さいました新村先生含め、プチお疲れ会…
ここに写ってるケーキは5個なんですが…これを3人で頂きました…(爆)
a0116784_15254670.jpg


そんなこんなの【凛】2名、ボチボチのマイペースではありますが、
頂けるご縁を大事に、これからも精進して参ります!
a0116784_15305742.jpg

今後ともどうぞ宜しくお願い致します!!m(__)m

***********************************************
CATVの玉木さん他、お2方☆彡大変お世話になりました!m(__)m

そして、新村先生!何から何まで、ホント、有難うございます!m(__)m

それから、悟空さんも…キッカケを、どうも有難うございました!m(__)m

ご協力下さいました、白水台&アンジェリックタウンの皆様にも、

心より感謝申し上げます!お世話になりました!!m(__)m

***********************************************

※5月には、ピアニスト:笠崎和子のオリジナル曲〝Life”の収録予定です♫
※和ちゃん作のピアノ曲〝Life”も、是非色んな皆さんにお付合い頂ければと!
a0116784_15345946.jpg

a0116784_15353165.jpg

和ちゃんの収録が今から楽しみです!♫Life・・・えぇ~曲なんですよぉ、マヂで。。。








コメントは承認制になってございます040.gif
[PR]












                            
                                某blog記事転載










                              








次の文は、ある新聞に載った ある方のスピーチの抜粋です。

 「掌(てのひら)に包んだ大切なものを、そっと差し出すように、ありがとうの言葉が言える人になりたい。」

 ある家庭の話。
脳に障害のある男の子が生まれ、数年後次男が誕生した。
三歳くらいになった弟は喧嘩の度に『兄ちゃんのバカ』と言うようになる。
母親は子どもだからしょうがないと悲しんだ。毎日お兄ちゃんへの対応・言葉を日記に記録をしながら
母は何にも言わずじっと待つことにした。

 兄が小学一年生になり同級生を招いた誕生会の時、兄は悲しいかな同級生を急に殴りはじめた。
その時、弟が飛び出してきて、『お兄ちゃん、殴るんだったら僕を殴って。
僕は痛くないから!』 その夜、母の日記には、『ありがとう』と何ページも書いてあった。

 その弟が小学一年生になり、隣の席は右手が失われた女の子だった。
その両親は入学式前夜まで転校を考えていたという。

 体育の授業の日は体操服に着替えねばならない。
当然その隣の子は着替えに手間取って遅れてきた。
しかし、二回目からは時間通りに来たので、先生は不思議に思い、
体育の授業のある日そっと教室を覗いてみた。
すると、あの弟が一生懸命に着替えを手伝っていた。
先生はこのことをみんなに話そうかと思ったが、
せっかく弟が自主的にやっていることなので黙っていた。

 さて、七夕の前日、授業参観日。先生が児童の書いた短冊の願い事を読んでいた。
子供らしい『おもちゃがほしい』とか・・・・・
その中に、『神様、どうか隣の子の腕を早く治してください』と書いてあるのを見つけた。
そう、あの弟が書いたもの。先生はたまらなくなって、
みんなの前でこの弟の着替えの手伝いのことを話し出した。

 自分の子が手に障害があることでみんなに迷惑をかけているのではないかと
廊下の隅で小さくなって授業を見守っていたお母さんが教室に飛び込んできて、
弟の足もとで泣き崩れた。
『坊やありがとう。ありがとう。有り難う・・・』

 静かな教室に『有り難う』が長く響いていたそうです。
これほどまでに相手を敬う言葉があるだろうか。」
















コメントは承認制になってございます040.gif
[PR]












                            2011.03.11…あれから2年




















2011年3月11日、その日は朝から私用で外出し、

日中、テレビもラジオも見聞きしないまま夕方仕事現場に入った。

取引先の控室で何気にTVを観てた我々…

観ると、なにやらいつものTV番組ではない空中から撮影されたニュース映像!?

画面に映し出されたのは、広大な田畑を左右にした1本の長い路、

何台か走る車の最後部には白いワゴン車が走ってる…

すると、後ろから、真っ黒な泥水がとんでもないスピードで車を追っていた…

TVに見入る中「え?これ、なに?」とTV画面に意識もが固まった…

真っ黒の泥水は、白いワゴン車の真後ろに迫り、

TV画面の右端に映っていたその車は、アッと言う間に泥水に…

そこで臨時ニュースの映像は終わった…

その後、あの真っ黒の泥水が津波と知った2011.03.11…

東日本大震災、死者行方不明者2万人近い未曾有の大災害、そして原発事故…

あれから2年…



日本全国、世界各国からも様々な支援が寄せられ、

現実、その支援が、被災者の方々の命・暮らしの為になったところもあれば、

募り集まった支援が、何等活かされないまま空回りしている現実もあり…

それでも、1日24時間は確実に流れ、あれから2年…



泥水に飲まれ、溺れながら命を落とされたとんでもない数の方々…

目の前で、自分の家族が、あの真っ黒の泥水に流されていくのを見ているしかできない地獄…

瓦礫の下敷きになり、生き埋めのように亡くなった方々…

やっとの思いで大震災から助かったにも関わらず、避難所で旅立たれた方々…

苦しかったろうに…

怖かったろうに…

悔しかったろうに…

そして、原発事故以来、この先予測もつかない時間苦しめられる事になる現実の只今…



天災・人災の極めて少ない(ある意味ヌルイヌルイ)この土地で暮らす自分等がやる僅かな興事が、

果たしてどれだけの支援に繋がると言うのか?

世の中では「忘れてないよ」とそんな声を上げ、ネットに記事を書き、

瞬間、心に留めそれぞれに想いを抱く…自分も含め、そんな心情を語る人々も多く居るが、

思うに、現実、其れ等がどれだけの為になっているのか???

物理であれ、志向であれ、政治であれ、情報であれ、

被災地・被災者の方々の毎日の命と暮らしに直結しない支援など支援と云えるのか?とも。。。

そして、自分が続ける精々の募金やメッセージ発信など、屁のツッパリにもならん…

「自分の出来る事を自分なりに続けるしかない…」とかいう能書きを語り・聞くたび、

『いちいち語らずとも黙ってやれ…』と、自分にも苛立ちを覚えたり…

それでも続けるしかない…。



心で祈る…それも悪い事ではないが、なれば、それを形にしてくれ!と、

そして、その形は、どこまでも実生活の実益につながるモノであってくれ!と…

自分が被災者なら、そう思うだろうなとも。。。



クソの足しにもならんような小さな協力で、何とも申し訳ないです…

『お前も同じ目にあったら、どう思うさ?どうするよ?』と、

自問自答しながら息します。。。

四の五の能書く前に、被災地の、被災者の方々の毎日の実益に繋がること、

支援とは言えないまでも、それでも僅かでも続けるしかない…

こんな僅かな協力でしかない只今、本当に申し訳ないです。。。


a0116784_2115691.jpg


a0116784_21163741.jpg









コメントは承認制になってございます040.gif
[PR]












                       ◆2013.03.30 (土) 凛Live in KIKUJIRO

                       ◆2013.04.21 (日) 凛Spring Live in オードリー


















久万町の皆様☆KIKUJIROUの素敵空間で是非ご一緒に♫

a0116784_17234062.jpg




大洲;肱川沿いにあるPOPなCaffeオードリー☆
 リクエスト曲で綴る凛Liveです♫


a0116784_17254167.jpg

兵頭さん!いつも素敵なチラシをありがとうございますぅ♫ m(__)m



お問合せは…


◆各Live会場店舗、あるいは、主催主事さんまで☎

あるいは…

◆凛Vo/松本 090-6536-2290

e-mail     momo.sm@voice.ocn.ne.jp

mobile     momo.sm@ezweb.ne.jp

どちらも受け付けてございますぅ♫ m(__)m

どうぞ皆様、ステキな春を~☆彡




              *********************************************

               お話変わりますが・・・
               当グループスタッフ/渡部由紀のお教室案内にございますm(__)m

               ピアノ・お琴・三味線/生徒さん募集中♫
               ご用向きありましたら是非♫(^^/


a0116784_1812221.jpg

a0116784_18138100.jpg


               











コメントは承認制になってございます040.gif
[PR]











                            きらめき大人の雛祭り
                            凛Live in ワシントンホテルプラザ2F

                            ご来場下さいました皆々様☆彡
                            誠に!有難うございましたぁ!!!

                            皆様の心篤い激励やら爆裂振りが、
                            腹の底から有難い限りでございました!!!                          













◆2013.03.03(SUN)


以下、四の五の語ります前に、お客様&スタッフ撮影の写真にて、
その爆裂加減をお汲み取り頂ければ幸いに存じますぅ♫



出演/凛(Pf:笠崎和子・Vo:松本さゆり)
     Gt:西岡優作 Drs:山本慎二 Ba:渡辺綱幸
a0116784_17281420.jpg


今回のLiveでは、本当はかなりMCもイケル大先輩お2方に、
個性溢れる一言二言…語って頂きましたッ♫ (えぇーのよ、これが^^v)
a0116784_1730311.jpg


そうこうしております間にも、次々とパーティメニュ~がズララと…☆彡
なんとも美味しそうではないかぁ!(((@▽@)))我々も実はブラボーなお弁当を頂きましたッ!
a0116784_17322242.png


あれに見えるは〝桜シャーベット!?″
ワシントンの料理長には、か・な・り!ご尽力頂きました!(恐縮です!)m(__)m
a0116784_1735034.png


2部突入♫我々が定期でお世話になってるガスライト店長/ランナー疋田さんにもご登場頂きました…
「主催の『きらめき会』と言って下されば、全メニュー10%引き致します!」とのお言葉ぁ☆彡
a0116784_1736532.jpg


そんなウハハのサービス情報を聞き乍、Gtの西ちゃんも、ニンマリ(-▽-〆))))
西ちゃん!今度君が松山駐在の時、喰らうべ(^曲^v 駐在てて…)))
a0116784_1804435.jpg


2部の後半は(毎度お馴染の!?)爆裂タイムにございますぅ♫
食べて飲んで、そして踊る!!!
a0116784_17485041.jpg


お客様方のパワー、、、
それはそれは半端無いのでございます(@▽@;)))
a0116784_17511952.png


そしてステージでは、入れ替わり立ち代りで、皆さんVoで唄う唄う♫^^v
まぁ~、賑やか云うたらないっす!『ごうchan様!いつも、ホント有難うございますぅ( ̄▽ ̄爆』
a0116784_17525856.png


気が付くとぉ、どう見ても、それは『阿波踊りですよね!?!?』みたいなお人も…
ロックナンバーで阿波踊り踊ってくれちゃうお人…『どちら様ですかぁ(?▼?)』
a0116784_1830100.jpg


犯人は!・・・こちらさんでした。。。
徳島からご来県下さいました〝居酒屋ぐぅ~ふぃ”のオーナーマスター☆彡
a0116784_1834858.jpg


今冬1月、凛がLiveでお邪魔させて頂いた〝ぐぅ~ふぃ”の【エビかつぅ!!!】
まぁ~これが旨いの旨くないのってアータ!しかぁーし!この夜のマスター「うるさぁーい!!!」ステージよか煩いし!
a0116784_1883567.jpg


当初の予定数を大幅に超える、80席程のお客様方に、
とにもかくにも楽しんで頂きたい!の一心で開催となりました「きらめき大人の雛祭り」
a0116784_18103368.png


ご来場下さいました、お1方お1方に、言葉足りませんが、
心より!厚く御礼申し上げます!「本当に、どうもありがとうございました!!!」



***********************

あとがき

心篤いお客様方に、沢山沢山盛り上げて頂けた今回の雛祭りLive♫
なにかのイベントを興すには、1人ではなんも出来ん訳で…

主催して下さいました【きらめき会】の皆様☆彡そして、主事の【大森さん】他、
いつも影でご尽力下さる皆様…(毛利さん・艶子さん・菅野さん…etc)

本当に!大変大変お世話になりましたぁ!なにからなにまでお引き回し下さいまして、
ホント、もぉ、なんか、言葉無いです!マヂで。

シガナイ我々への暖かいご支援❤皆さんのお気持を裏切らんように!
これからも我々なりの精進を追及して参ります♫m(__)m

凛/相方のPf:笠崎和子のこの笑顔☆彡
彼女のこの笑顔にも、支えられてる唄姥にございます♫
a0116784_18231255.jpg


あ!忘れるとこでした…ホントはプレイヤーなんですが、今回はPAを務めてくれた、
ガスライト(金)レギュラーの屋地岡 寛どの…「ありがとう!助かったよ♫」
a0116784_18315631.jpg


そんなこんなの我々【凛】・・・
これからも、出会えるご縁を大事に!
心して頑張って参りますので、
今後共、どうぞ宜しくお願い致します!m(__)m


*******************

追伸/

山内先生&藤家さん!「遠いところ、ありがとうございました!」
山下社長!乾杯のご発声、これからも(また!)お願い致しますぅ^^ゞ
画伯ぅ~!「なんか、色々、スンマセぇーン!( ̄▼ ̄lll」
井伊さぁん!リンパマッサージ☆彡続けますからねぇー!!!
昌美姐ぇ&あおいさぁん、ノリノリのアゲアゲ、ありがとぉ!!!
美保ママ&まり子しゃん、心から「THANKSでっす!」
山本教授!会場…ガスライトと間違えられましたかぁ(?▽?lll スミマセン!
徳島軍団の皆様方…「参ったぁぁあああああ!!!」

まだまだ沢山書きたいのですが…これにて一先ずm(__)m


大森さぁん!!!
なにからなにまで!
ホント!ありがとうございましたぁ!!!



昭和の歌謡曲を意識して…
髪型やら衣装やら、合せてみたつもりなんやけど…
髪型…なんか、昔懐かしい、オカンみたくなってたような…( ̄▽ ̄lll
衣装の赤は、決して還暦祝いじゃ~ごじゃりません!!!


*****************************

写真追加

ゴスペルグループ;【ジッパーズ】のメンバー:渡部左千子さん撮影
「左千子さん、ありがとうございましたぁ!!!(^^ゞ」

a0116784_0461628.jpg

a0116784_0462821.jpg

a0116784_0463781.jpg

a0116784_0465271.jpg




***************

画伯撮影/「画伯ぅ~!よぉ~けこと撮ってくれて、ほんと有難う!m(__)m」

中でも1番怖い写真(;一▼一)))。。。

a0116784_0492666.jpg


完全に、妖怪化しております(爆)

西ちゃんの気合に感謝!














コメントは承認制になってございます040.gif
[PR]













                         2013.02.28(木) 県:長寿介護課にて



















2/28 午後1時、県の長寿介護課に(池川内科・神経内科の内情に詳しい)知人と共に出向き、中予保健所に申し出た内容に加え、実母が転院したあと改めて明らかになった池川内科のあまりにも杜撰な看護・介護、またその管理の大きな不備について追加書面を添え相談・訴えとした。

今回我々が訴えとしているのは、池川内科・神経内科の極めて杜撰な看護・介護、また2階入院病棟をはじめ、3階在勤のケアマネ等の不正、それら全ての取り仕切りにある筈の同院院長の責任問題。これについて、先般、中予保健所(企画課)が調査に入った。が、その結果報告を受けるに、書面上、或いは院長以下、幾人かの看護師・助手の口頭問答等、我々が実際に受けた被害、事実見聞きしてきた現場状況とは、到底かけ離れた結果報告であった事は先日も記したが、28日出向いた長寿介護課での話、その言い分は、極めて、限りなくお粗末な回答だった。

会話の全てを録音できてたとしたら、ここで公開したい程だが、あいにく音声録音はなく、加えるなら、どこか別室を設けられるでもない広い課室内にある狭いワンコーナー(雑音多し)での面談だったのと、職員方の声はかなり小さい音量だったのでレコードは止めた。

結論から言えば、この愛媛県の県行政、そこに在る課、また課に就くお役人方、その全てとは言わないまでも、我々小市民の声が届く事は(今回の訴えに関しては)皆目ゼロに等しい!弱者である病人が、あらぬ難を受け、その問題は命に関わる程の大きな問題にもかかわらず、何等!声は届かず、面談内容の終始にあったのは、長寿介護課がその責務として、訴えにある調査・指導・改善を促す=【動く為の方法論】その条件を満たしていないと見なされるかのような説明でしかなかった。

中予保健所に至っては、一小市民の単独の訴えについて、それでも調査には入った。(最も、いまだ池川内科・神経内科の現状は何等改善されていない侭だが。)が、長寿介護課の説明にあったのは、(一言一句の語句は異なるやもしれないが、その意味合いは同じ。)

・医療現場にある【グレーゾーン】=「グレーは白なんです。」

・白か?黒か?それをハッキリさせる為には、問題とする病院の患者総勢の声
 (署名なり・嘆願なり・口頭なり)とにかくは、1人や2人での訴えでは課は動かない。

・現場現状の録音・映像録画。

・あとは、民事。


この回答を受けながら、尽く、自分の生まれ育った故郷=松山に置く慟哭と落胆は、ややもすると怒号しそうになるところだった。

>入院患者総勢の声???
こんな回答、本気で語ってるのか???と、怒りを越えほとほと呆れかえる。

問題の病院に入院しておられる患者さんは、いずれもの殆どが、喋れない・動けない患者さんばかり。その患者さんに、どう文字を書けと云うのか???喋れない寝たきりのご老人に、何をどう声にしろと云うか???現実、物理的に無理だと言う事を知っていながら、それでもその方法論の回答が続いた。
※そんな方法論ばがり説明している間にも被害を受けてる患者さんはどんどん衰弱し、持つべき寿命を縮められるだけだ!
我々は、嘘を云うとるのではないんです!
本当に受けた被害にも等しい事実を云うとるんです!
地域に病院はどうしたって必要であり、だからこそ!改善して欲しい!と、
お願いしてるんです!


実母が入院したあと、中でも酷い扱いを続ける看護師(T氏)の問題とする現場に遭遇し、即時、病院側と問題の看護師本人も含め、直接話し合いも持った。が、改善されるどころか、仕返しとも思えるような更に酷い扱いを、患者(実母)が日々受ける。その杜撰な看護・介護振りは日増しになっていったと言っても過言ではなく!主にパーキンソンが主病である実母の容態は日々悪化しているにも関わらず、例えばの例の一つ、全く意味の無い導尿管をつけられ、本来あるべき病院側の説明や装着同意書など一切なく、単に『おむつ替えがやり難いから…』という助手の独断のみで導尿管装着となったとか、法律違反ではないまでも、現代の医療現場では凡そあり得ない・あるべきではない大きな問題が日々続いているのに!(実母に無理矢理装着された導尿管は、転院先の病院で『必要なし』との診断を受け、外された。)それでも動かない行政=長寿介護課。。。

その課は、何の為にそこに在るのか?
誰の為の行政なのか???
守られるべきは、国民・県民・市民、益して病人なるぞ!
そんな必死の訴えも何等届かない。


余談になるが、県庁別館1階、通路奥に位置する長寿介護課の課室で、面談席に現れたのは3人の職員方。我々が席に着く前、部下であろう(!?)一職員が、上司であろう(!?)一人の職員になにやら耳打ちしていたのだが、その上司であろう職員は、我々には一切目をやらず、が、面談席でやりとりされる会話には聞き耳を立てている…我々の訴え、その問答に会話が途切れるような難航の場面にあっても、その上司であろう職員は、最後まで自分のデスクから立ち上がろうとはしなかった。また、我々の『お名刺頂けますか?』という申し出を受け、3人の職員方が暫く黙り、ようやく名刺を差し出したのはたった1人。同課において、何人もの名刺など必要ないかもしれないが、名刺の数ではなく、いかにも名刺を出したがらない!?とも思える物腰、そんな事なかれ主義のようなありようも、なんとも悲しい限りだった。

余談が続くが、中予保健所企画課に出向いた後日もそうだったが、我々が各機関に出向いたあとの、当blog閲覧数は、日頃の閲覧数に比べ、何倍ものアクセス数になる。長寿介護課に出向いたのは先週の木曜日…その後日の閲覧は、やはり増えている。

今回面談席に着いた3名の県職員方に、個人的な恨みなど欠片もなければ、初対面で出会う人物の何が判るでもないまでも、改めてお伺いとしたいのは!

「ご自身の親兄弟、自分の身内が、私方の実母と同じ目に遭ったとしたらどうですか???」
「あなた方がおっしゃるような『患者総勢の声』など拾おうにも声も出ない寝たきりの患者さん方を前に、それでも『条件は…』と、そう仰いますか???」


◆自分の立場=ご自身の御両親・ご兄妹が同じ目に遭ったら、あなた方はどうされるのか???

国・県・市、その中で決められたルールに正直に沿い、何一つ悪い事をしたでもない、バカがつくほど気真面目に生きて来たオカンが、なんでこんな目に合わねばならんのか???事実起きた(今も続いてる)医療現場での大きな問題なのに、なんで一小市民の声はまるで届かない???何故ですか???

寄らば大樹
事なかれ主義

そんな言葉だけが応えと意識に残っただけの2月28日/長寿介護課:申し出回答。。。
我々は、こんな県に・市・町に税金を払い、それでも『お世話になってます』と頭を下げねばならんのか???




訴え次へ…





追記/池川内科・神経内科に勤めていた、中ではまだ良心的だと思えた外来(1F)の看護師も、2月末日で退職したそうだ…。




コメントは承認制になってございます040.gif
[PR]